18 April 2016

お知らせ

お掃除のコツをお教えします~鏡のウロコ編~

eaaef835050f774f5703391888dcaa62_s浴室や洗面台などで鏡が真っ白になってしまうウロコ。
いくら磨いても落ちず、乾いてしまうと元通りなってしまいお困りの方も多いのではないでしょうか?
今回は鏡のウロコを落とすちょっとしたコツをご紹介します。

そもそもお風呂や洗面台の鏡ってなんで白く曇ってしまうのでしょうか。
ウロコの正体は水に含まれているカルキ成分が関係してきます。
水道水というのはカルキやカルシウムなどの不純物が含まれています。
水自体は蒸発すると無くなってしまうのですが、水道水に含まれている不純物が残ってしまい、鏡に付着し固形化してしまうのです。
これこそが鏡のウロコの正体なのです。

鏡のウロコは一度できてしまうと掃除が大変です。
その為、一番のポイントはウロコを作らせない事です。
ウロコができないようにするためには水滴が付いている状態で拭き取る事で予防する事ができます。
お風呂上りなどにタオルで鏡に付着した水滴を拭き掃除することを習慣化させるとよいでしょう。

ウロコができた場合の対処法としては「研磨」する事で落ちる場合がございます。
方法としては日常的にあるモノで歯磨き粉がいいです。
歯磨き粉には研磨剤がが含まれている為、効果的です。
雑巾などの布に歯磨き粉を付けて円を描くように磨いてみてください。
ウロコが綺麗に剥がれていくと思います。
ただ注意してほしい点はあまり強く磨くと鏡自体に傷が付いてしまいますのであくまで優しく撫でる様に行ってください。

ただ長年積み重なったウロコの場合完全に落とすことができません。
そういった場合は専門の業者に依頼し、研磨機で剥がす必要があります。

是非、参考にしてピカピカの鏡に甦らせましょう!!
忙しい毎日にお掃除ができない方はティプロにお任せください!!

ティプロってどんな便利屋さん?