18 May 2017

お知らせ

エアコンの正しい処分方法

これから訪れる暑い夏に備え、エアコンの買い替えを検討している方も多いのではないでしょうか?

エアコンを買い替えた際に意外と困ってしまうので古いエアコンをどう処分したいいのか?という事。

店舗で買えば古くなったエアコンを引き取ってもらえる場合が多いが、最近はネットで購入する人が増えております。

そこで今回は意外と知らないエアコンの処分方法についてご説明いたします。

エアコンを普通の一般ごみと一緒に処分ができないという事はご存じだと思いますが必ず処分するにあたり、リサイクル料というのを払わなければいけません。

費用を最小限に抑える方法としてはリサイクル券を郵便局などで購入し、自分が指定の場所まで持ち運ぶ方法。

またリサイクル料金はメーカーによって変わってくるのだがだいたい1000円前後で購入する事ができる。

購入方法や、持ち込み場所は各自治体によって変わってくるので詳細は管轄の自治体に問い合わせしてみるといいです。

しかし、この方法で行うにはエアコンの取り外し、運搬費用、室外機などの大型の物も処分するとなると力仕事が必要となり、時間も手間もかかる。

そこで楽に早く終わらせたいのなら、収集業者に依頼する事がおススメ。

しかし、安易にネットから見つけた業者や路上で走ってる収集業者にいらしをすると大きなトラブルになる可能性があるので要注意。

使用済み家電製品を引き取るには一般廃棄物処理業の許可が必要になるのだがこの許可を持たずに営業している業者が非常に多い。

こういった業者が今なお不法投棄といったルールに従わない適切な処分を行わない事で、火災や大気汚染、地球温暖化の原因を作り出しているので絶対に利用しないようにしましょう。

また使用価値のあるエアコンであれば古物商の許可を持ったリサイクル店に相談してみるのがいい。

状態によっては意外に古いエアコンでも再利用できる場合があり、処分費用としてお金を払うはずが逆に返ってくる場合がある。

処分方法はその人によってどれが一番最適なのかは変わってくるのでエアコン買い替えの際はぜひ検討してみてください。

 

お困りごとは広島の便利屋ティプロにお任せください

ティプロってどんな便利屋さん?