28 July 2016

お知らせ

キッチンの掃除方法

e2f2509e5432b94cffee59d07e1396f4_s

キッチンは毎日掃除しても、すぐに油で汚れます。

汚れ落としが簡単にできる内に、汚れが溜まる前にこまめに掃除しましょう。

~キッチン掃除の順番は、上から下へ~

天井→上のキャビネット→壁→調理台→下のキャビネット→床という流れです。

~垂直のものは、下から上に~

キャビネット・壁・レンジフードなどは下から上に拭きます。

上から拭くと洗剤が垂れて線が残ることがあり(洗剤染み)、落とせないこともあります。

~汚れ落としの順番は、軽い方から重い方へ~

雑巾ふきで十分にきれいになることが多いですが、残った汚れだけを洗剤で落とします。

汚れが軽い場合…水拭き→乾拭き、
汚れが中の場合…水拭き→部分だけ洗剤拭き、部分だけ水拭き→乾拭き、
汚れが重い場合…洗剤拭き→水拭き→乾拭き

~仕上げは乾拭き~

水拭きや洗剤で拭いた後は、乾拭きしましょう。

水アカ汚れや洗剤染みの原因になります。

~使用する洗剤~

キッチンの汚れの多くは、弱アルカリ性洗剤で落とすことができます。

シンクや蛇口の水垢汚れは、酸性洗剤(クエン酸など)が効果的です。

ステンレスのシンクは、ステンレスの目に沿って洗剤を使用します。
傷や洗剤染みになることもあるため、、固いスポンジより、メラミンスポンジなどを使用ましょう。

~掃除方法~

・雑巾を水又はお湯でぬらしてゆるめに絞り、キッチン全体を雑巾を洗いながら拭きます

・残った汚れは、雑巾に弱アルカリ性の洗剤(マジックリンやマイペットなど)を2~3回吹きかけ、汚れの部分だけを拭いて落とします。

洗剤分を洗い流し、水拭きした後乾雑巾で拭きます。

・重い汚れは、バケツにお湯(37度位)を1000cc(1L)・洗剤約20cc入れ、その液体を含ませた雑巾をゆるめに絞り全体を拭きます。
最後は乾いた雑巾で仕上げます。

広島でハウスクリーニングはお掃除のプロ、ティプロにお任せください!

ティプロってどんな便利屋さん?