04 September 2016

お知らせ

シールはがしのコツ【3】

f0799ead3b9f38774ba3761a38e1cff0_s

シールをはがすためには、シールと接着面の間にすき間を作ることではがしやすくなります。

接着面の材質により、使用するものによっては接着面の材質を傷めることもありますので、目立たないところで試してから使いましょう。

~消しゴム~

残ってしまった粘着部分は、消しゴムで擦るとポロポロと消しカスと一緒にシールもきれいにはがれます。

~酢~

酢に含まれる酸が粘着部を溶かすため、はがれやすくなります。

ティッシュなどに酢を染み込ませてシールの上に貼り、数分おくときれいにはがせます。

~メラミンスポンジ~

残ってしまった粘着部分に、水を含ませたメラミンスポンジを使って擦ると簡単にはがれます。

ゴシゴシ擦らず、優しくはがしましょう。

メラミンスポンジは、壁や家具、ガラスなどにダメージを与えることなくきれいにはがせる万能なお掃除アイテムです。

~台所洗剤~

台所洗剤に含まれる界面活性剤がシールと粘着面に隙間を作るため、はがれやすくなります。

台所洗剤をシールの上に塗り、その上からラップをぴたりと貼り付けて10~20分おいておくときれいにはがせます。

~ライターオイル~

ライターオイルを使うと、はがれやすくなります。

シール部分全体にオイルをかけて、10秒ほどおくときれいにはがせます。

プラスチック製品や紙などの場合は印刷のインクが一緒にはがれてしまうこともあり、色落ち等の心配もあるため、注意が必要です。

広島でハウスクリーニングはお掃除のプロ、ティプロにお任せください

ティプロってどんな便利屋さん?