23 September 2016

お知らせ

ホテルに学ぶ掃除方法【3】~トイレ~

ac45d4cac51a825dee8960c1e99a5f5c_s

掃除の達人から、効率的にトイレをきれいにするコツを学びましょう。

トイレの汚れの種類は、アンモニア、水あか、バクテリア、カビ、人間の皮脂、ホコリなど様々です。

アンモニアのシミはすぐに広がってしまうので、早めに除去しましょう。

バクテリアは中性クリーナーで落とすのが効果的、漂白剤を使うと殺菌効果があります。

便器は汚れた部分にトイレ用クリーナーを直接かけ、2~3分後ブラシでこすり、水洗いします。

ひどい汚れの場合は、汚れた部分にクリーナーを含ませたトイレットペーパーを張り付け、浸透させた後に掃除します。

便器と床の境界部分はすき間に尿などが入り込み、ニオイを発生させる場所です。

割りばしなどに布やトイレットペーパーを巻き付けてこすりましょう。

便器内部の水だまりは、水面に沿って汚れが付着します。

溜まっている水を少しくみ出して汚れた部分を水の上に露出させ、掃除しましょう。

便器とふたの接合部分はホコリがたまりやすい場所です。

割り箸に布やトイレットペーパーを巻き付けてからめとります。

床に溜まりやすいのが衣類やトイレットペーパーなどのホコリです。

布や掃除用シートなどで拭き取りましょう。

広島でハウスクリーニングはお掃除のプロ、ティプロにお任せください

ティプロってどんな便利屋さん?