25 September 2016

お知らせ

ホテルに学ぶ掃除方法【5】~水回り~

487934

水回りピカピカに掃除するコツは乾拭きにあります。

正しい掃除方法で、鏡や蛇口の曇りなくしましょう。

~洗面台の鏡~

鏡は基本的にダスター1枚で磨きます。

半分を水で濡らして半分は乾いたままで使用、濡れた面で水拭きし、乾いた面で下から上にから拭きます。

下から上に向かって拭く理由は、低いところほど水滴が飛び散りやすいため。

ヘアスプレーや歯磨き粉など頑固な汚れは、濡らした新聞紙でこすって取りましょう。

適度な力で時間をかけ、地道にダスターで乾拭きすることが大事です。

~蛇口~

蛇口も最後の乾拭きが仕上げを左右します。

メラミンスポンジや研磨剤などで汚れを取った後、ダスターで磨きましょう。

洗剤は汚れを落としやすくしますが、ピカピカにさせるためには曇りを取る必要があります。

適度な力で時間をかけ、地道にダスターで乾拭きすることが大事です。

~浴室の鏡~

浴室の鏡は汚れの質が違います。

白っぽく曇り、うろこ状の水滴の痕、汚れの原因は水アカです。

頑固な汚れは、クレンザーをつけてラップで磨きましょう。

ラップはスポンジのように気泡や弾力性がないため、クレンザーの微粒子を効果的に鏡の表面にこすりつけることができます。

 

広島でハウスクリーニングはお掃除のプロ、ティプロにお任せください

ティプロってどんな便利屋さん?