11 September 2016

お知らせ

広島市で畳をフローリングに張り替えるならなんでも屋ティプロにお任せ

11a6d7d2632b5c2f520a096e88f8d458_s

広島市東区で6畳の和室の畳をフローリングへ張り替えるリフォーム工事を行いました。

和室を利用していないためフローリングの部屋にしたいとのご依頼です。

築30年以上の家でしたので、強度や断熱などを配慮しながら工事を行うことになりました。

畳を運び出して掃除機で掃除を行い、工事を開始します。

下地の補強と段差解消の工事を行った後、フローリングを敷きます。

既存の畳の厚さは60mmです。

新しいフローリング材の厚さは12mmなので、高さ調整が必要です。

不足分の48mm分下地を作るために、根太(床下に渡す角材)を取り付けました。

床下からの冷気や湿気を防ぐために断熱材も敷きます。

根太と根太の間に断熱材をきっちりと敷き込みました。

この断熱材で、床下からの冷たさが抑えられ、暖かく過ごせるようになります。

断熱材の上に12mmのベニヤ板を張っていきます。

この12mmのベニヤ板の上に12mmのフローリング材を張ることで床板が厚くなり、フローリングが丈夫で長持ちするようになります。

下地が出来上がりました。

最後に、フローリング材を張って作業完了です。

フローリングの床を明るい色にすることにより、少ない光でも床に反射して明るい印象になりました。

広島でハウスメンテナンス(家の修理・補修)は なんでも屋ティプロにお任せください

ティプロってどんな便利屋さん?