07 July 2016

お知らせ

広島市佐伯区でレンジフードクリーニングを行いました

248fa5ea7c6192f23e177dadf3cad3ce_s

今日は、広島市佐伯区でレンジフードのクリーニングを行ってきました。

まずは、クリーニングの際に洗剤が垂れたりして汚れない様、床にブルーシートを敷き、レンジフード下のコンロ廻りなどに養生します。

クリーニング作業を始める前には、ファンが正常に動作するか、異音がしないかなど動作確認を行います。

それから、前面パネル・フィルター・ファンなど、外せるパーツを外してきます。

フード内は油汚れはもちろん、ホコリもかなり溜まっていました。

洗剤の油落ちの効力を高めるためにお湯に洗剤を溶かし、外したパーツを浸け置きします。

浸け置きできないパーツは、洗剤液とブラシを使用して汚れを落としていきます。

バケツに作った洗剤液はみるみる黒くなっていきました。

浸け置きしておいたパーツを洗浄します。

浸け置きで油分はほとんど取れている場合が多いですが、 今回は油分が残っていたため、ブラシで擦り洗いしました。

ドラム内部や本体内部の油分を洗浄します。

ドラム内部で固まった油はスクレーパーで削り、油が溜まりやすいフィルター受け部分や油受けの溝部分など念入りに洗浄します。

洗浄後、汚れが残っていないか、拭きムラがないかなど確認しながら、外したパーツを元通りに取り付けます。

最後に正常に動くかどうか動作確認を行い、終了です。

レンジフードの掃除は年末年始に行うイメージがありますが、掃除に適した季節は実は「夏」。

暑さで油汚れが落ちやすいためです。

広島でハウスクリーニングはお掃除のプロ、ティプロにお任せください!

ティプロってどんな便利屋さん?