22 May 2017

お知らせ

広島市佐伯区にあるオフィスのエアコンのガス漏れ修理を行ってきました。

本日は広島市佐伯区にある会社オフィスのエアコン修理を行いました。
エアコンをつけても部屋が冷えないという事でご依頼をいただきました。

さっそくエアコンの状態を見てみるもエアコン自体には問題がないようす。
そこで外に設置されている室外機を確認。
すると配管からガス漏れを起こしていることが発覚しました。
詳しく話を聞いてみると、今年に入り事務所を移転し、エアコンを移設させたという事でした。
おそらくエアコンを設置した業者の施工ミスと思われます。

エアコンのガス漏れ。
実は一番多いのが、引っ越しの時にエアコンを移動した時や、新しく買い替えた時に取り付けによる施工ミス。
特に引越しの場合など専門の知識を持たない引越し会社が取付けを行った場合、このようなケースがよく見られます。

エアコンを取り付ける際、室内機と室外機を配管で繋ぐ専門用語で”フレア加工”と言われる作業があります。
また配管を繋ぐ際は、トルクレンチで締め付ける様になっているのですが締め付ける強さも数値で決められていて非常にシビアです。
また一般の人には見ていても分からないので経験の浅い職人がやると失敗し、それに気づかない状態でいてしまうのです。

もちろんしっかりガス漏れ修理を行い、数分後には正常に稼働し作業は終了です。
急なエアコンのトラブルは診断から修理まで全て行える便利屋ティプロにお任せ下さい。

お困りごとは広島の便利屋ティプロにお任せください

ティプロってどんな便利屋さん?