13 January 2016

お知らせ

広島市安佐南区のご自宅の害虫対策を行ってきました。

f0264e6eef3654da7c238210014474f9_s今回は広島市安佐南区のご自宅の害虫被害を行ってきました。
毎年夏場になると庭の植木から発生する害虫被害に悩まされていたお客様。
夏場のシーズンに害虫被害を受けからご依頼される方が多いのですがそれでは手遅れのケースが多いのです。

冬の時期は木も虫も休眠期に入るので庭の手入れが不要な時期に思えますが、これから始まる1年間の庭木の生育や花の付き具合などを決定付ける最も大事な時期なのです。
活動していない時期に栄養となる有機質肥料を蓄える事で春の開花の時期に大きく影響を与えてきます。
同じことが害虫にも言えます。
害虫被害が出るのは暖かくなってからですが多発してからでは被害は免れず、駆除も大変になります。
夏場に発生するという事は今の時期は必ずどこかに卵が潜んでいます。
動かない卵の状態で処理することは予想される樹木に消毒を散布するだけですので、比較的容易で損害も未然に防ぐ事ができます。
今この時期に対処しておくことで春から夏の発生数を減らすことができ、害虫駆除する価値は高いのです。

害虫が潜伏しているかどうかまずはお庭の木をよく見てみましょう。
樹木の幹、枝、葉裏、蕾の周りなど、異質なものが付いていないかよくチェックしてみましょう。
見たけどよくわからない方や、状態を確認してほしい方は無料で診断を行っていますのでお気軽にご相談ください。
長年の実績による安全な薬品を使用して、確実な害虫駆除を実現します。

ティプロってどんな便利屋さん?