13 July 2016

お知らせ

広島市安芸区でフローリングのワックス掛けを行いました

2016-07-06 16.40.58-4

本日は、広島市安芸区でフローリングのワックス掛けを行ってきました。

最初に床を綺麗な状態にしていきますが、この下地処理に一番時間がかかります。

洗剤を散布しながら塗ってあるワックスと汚れを落とします。

ワックスや汚れははきれいに剥がれ落ち、床はきれいになっているはずですが、手で触ってみるとツルツルした感触ではなくザラっとしたままのところがありました。

問題はフローリング材にあり、経年劣化によってフローリングが痛み、表面がざらついていました。

かなりデコボコしていて、この面の上にいくらワックスを掛けても美しくはなりません。

タワシやハツリ、スクレイパーなどを使用し、手作業でフローリング表面をひたすら磨きました。

磨き上げた後は、いよいよワックス施工です。

慎重に、丁寧に、そして迅速に。

ムラなく均一に薄く塗るのがコツです。

集中して、素早く塗り残しのないように一気に塗り上げます。

乾くまでの30分間、ドキドキしながら待ちました。

施工前よりはるかにツヤが増し、ざらつきもありませんでした。

ワックスの塗膜保護により、フローリングの汚れやキズを軽減することができます。

美観のためだけでなく、保護のためにもフローリングにワックスを掛けましょう。

広島でハウスクリーニングはお掃除のプロ、ティプロにお任せください!

ティプロってどんな便利屋さん?