06 July 2016

お知らせ

広島県三原市で雨樋の修理を行いました

cb76498cdc114f5bd941e044697764dd_s

今日は広島県三原市で雨樋の修理を行ってきました。

築40年を超える一軒家の雨樋は柔らかさしなやかさはなくなり、傷みもずいぶん激しいものでした。

経年劣化で硬くなった雨樋は、建物の揺れなど様々なストレスに耐えられなくなったのでしょう。

小さな破損はいくつもありましたが、T型のジョイント部分の破損が最も大きかったです。

今回は、今後ストレスが集中しないように接続方法を変更して改修しました。

雨樋の保護のための塗装も行いました。

雨樋鉄部のケレンを行い、2液型のウレタン樹脂塗料で仕上げます。

ケレンとは鉄部塗装前に汚れやサビを落とす作業で、ケレンが不十分の場合、サビ止め塗料や塗料を塗布しても耐久性はあまり期待できません。

ケレンを含め、下地作業をしっかり行ないました。

やはりこの時期は、雨樋の修理が多くなります。

継ぎ目からポタポタと雨水が漏れる、集水器から水が溢れ出る、下屋根のはい樋が落ちてきたなど。

雨樋の劣化を放置したままでいるとトラブルに繋がります、きちんと修理しましょう。

広島でハウスメンテナンス(家の修理・補修)はティプロにお任せください

ティプロってどんな便利屋さん?