14 February 2017

お知らせ

広島県安芸太田町のご自宅の空き家の解体を行ってきました。

本日は広島県安芸太田町からのご依頼で空き家の解体作業を行ってきました。
今日が解体工事の最終日でした。

昨今、問題となっております空き家問題。
日本は木造の建物が多く、窓を閉め切った状態になると湿気によって家屋が傷んでしまう為、誰も住まなくなると老朽化が急速に進みます。
そして雨漏りやシロアリ被害の発見が遅れ、家屋が倒壊し、大事故になったというケースもよくあります。
もちろんこういった事故は全て所有者の責任です。
現在増え続けている空き家問題。
所有者はどうしていくのか対策が必要になってきます。

今回のご依頼者様は解体費用が掛かるという事もあり、空き家になってからしばらくはご家族の方が順番で管理をされていたみたいですが、誰も住まない空き家の手入れをするのは相当な労力。
更地にすると売却価格があがる為、更地にして売却するという決断を取りました。

お客様の負担を少しでも減らせるよう短納期で工事を進める日程を組みました。
また解体から出てきた廃棄物などは独自のルートで処分費用を安く抑える事ができるので結果的に全体の解体料金もお安く請ける事ができます。

解体初日、生活をしていただけに眺めていたご依頼者様は少しさびしげな表情でいらっしゃいました。
すべての工事が終わり、依頼者様にご奉公とご挨拶に伺った時、
「これで大変だった管理をしなくて済む」
と安心した表情に変わっていたのでよかったです。

ティプロでは空き家の解体から管理までお客様のご要望に合った最適なプランをご提案しますので空き家を所有してお困りの方は是非、ご相談ください!


お困りごとは広島の便利屋ティプロにお任せください

ティプロってどんな便利屋さん?