23 June 2016

お知らせ

窓ガラスが割れた時の対処方法は?

54881e9b82cbc2eb7281b2ee740c6445_s

豪雨や台風などの強風で窓が割れると大変危険です。
窓が割れるおそれがあるときは、事前に対処しておきましょう。

窓が割れる原因は、「強風」ではなく「風で飛ばされてきたもの」です。

雨戸は必ず閉め、ガラスが割れないようにしましょう。
窓にベニヤ板を打ち付ける方法もありますが、アルミサッシの窓は打ち付ける場所がありません。
また、打ち付け方が中途半端な場合は、その板が飛んでしまうこともあり危険です。

雨戸がない場合は、窓ガラスが割れた時の被害を抑えましょう。
割れたガラスが、風で一気に部屋の中に入ってくるととても危険です。

・段ボールを貼りつける

・布テープ(ガムテープは跡が残ります)を窓に貼る

・カーテンは閉める

もし強風で窓が割れ場合、強風の中で窓ガラスの修理をしたり、他の窓の補強をしたりは危険です。
絶対にやめましょう。

自身の安全確保が第一です。

自宅の庭やベランダにあるものは、飛ばないようにしておきましょう。
また、ガラスやものが飛んでこない部屋へ非難し、身の安全を守りましょう。

広島でハウスメンテナンス(家の修理・補修)はティプロにお任せください

ティプロってどんな便利屋さん?