07 August 2016

お知らせ

換気扇の油汚れを短時間でスッキリ落とす掃除方法【2】

2016-07-06 16.40.59-5

~セスキ炭酸ソーダ~

換気扇の油汚れの掃除、ベトベトしてるし高い所にあるし、すごく面倒な掃除ですよね。

換気扇のギトギトした汚れは油とホコリで触るのもイヤな汚れ、掃除の中で最も手が掛かる場所です。

そんな換気扇の油汚れは、セスキ炭酸ソーダを使って、短時間でスッキリ落としましょう。

油汚れは「酸性」、「アルカリ性」のセスキ炭酸ソーダを使い中和して汚れを落としていきます。

アルカリ性のお掃除アイテムとして代表的なものに重曹がありますが、セスキ炭酸ソーダは重曹の10倍もアルカリ性が強力ととされています。

セスキ炭酸ソーダ(大さじ1杯)と水500mlを混ぜてるとセスキ水の完成です。

換気扇を分解し、分解した部品にセスキ水を吹きかけてペーパータオルで拭き取ります。

油汚れがひどくない場合はこれだけで大丈夫、ゴシゴシ洗う必要もなく作業も楽です。

慣れると10~15分で掃除が完了します。

ベトベトにこびりついた油汚れの場合は、セスキ水に浸け置きしたり、セスキ水で煮たりすると汚れがきれいに落ちます。

セスキ水だけで換気扇スッキリ!

油汚れがすっかり消え、ピカピカの換気扇が復活します。

広島でハウスクリーニングはお掃除のプロ、ティプロにお任せください!

ティプロってどんな便利屋さん?