28 August 2016

お知らせ

畳の傷みを修復する方法【2】

cd42b664634bf06064dab34a6891e5cf_s

傷んでしまった畳も適正な対処方法で修復することができます。

~焼け焦げ~

焼け焦げが小さい場合は、5倍ぐらいに薄めた台所用漂白剤で焦げた部分を漂白します。

焼け焦げが大きい場合は、たわしなどで焦げ部分をこすり取ります。

こすった部分がささくれになるので、木工用ボンドを水で10倍ぐらいに薄めたものをささくれの目に沿ってを塗ります。

~クレヨンの汚れ~

クレヨンの汚れを落とす時は、歯磨き粉を使用します。

歯ブラシに歯磨き粉をつけ、畳の目に沿ってクレヨン汚れをこすります。

汚れが浮きたら拭いとり、乾燥させた後に乾いた歯ブラシで目に沿ってこすると汚れが落ちます。

~尿汚れ~

赤ちゃんやペットの尿汚れを落とす時は、すばやく乾いたタオルなどで吸収させ、念入りに水拭きして乾燥させます。

臭いが染み付いてしまった時は、酢をかけた後水拭きしましょう。

~インクを汚れ~

インクや墨汁の汚れを落とす時は、キッチンペーパーなどでインクを吸い取り、牛乳を染み込ました雑巾で叩き拭きをします。

こすると汚れが広がりますので、こすらないで叩きます。

染みが残った場合は、台所用漂白剤で漂白をしましょう。

広島でハウスクリーニングはお掃除のプロ、ティプロにお任せください

ティプロってどんな便利屋さん?