05 August 2016

お知らせ

空き家の防犯対策「窓」【2】

097564
空き家の防犯対策としては、まず第一に窓を対策することが非常に重要となります。

~防犯フィルム~

「防犯フィルムを貼る」は防犯対策として最も用いられるな方法の1つですが、あまりに一般的すぎて泥棒にとってはあまり効果がないと言われています。

防犯フィルムもできる限り厚めのフィルムを選ぶなどありますが、防犯対策としては不十分です。

~面格子~

「面格子を取り付ける」は侵入が面倒そうな窓だと一目で分かることが、防犯対策として効果があると言われています。

しかし、普通の面格子の場合は簡単に取り外すことができてしまいますので、防犯対策としては不十分です。

また、面格子がついていると安心し、窓を開けっ放しにしたまま忘れる、窓の鍵を閉め忘れるなどが原因で侵入しやすくなることもあります。

面格子を頑丈にしすぎると、火災の時に逃げられなく恐れもありるため、注意が必要です。

~確実なのは人の目による監視~

どんなに自分たちで対策しても限界があり、確実なのはやはり人の目による監視です。

ご近所の方と積極的に情報交換しみなさんで協力しあえると、かなり強固な防犯対策となります。

広島での空き家管理はティプロにお任せ下さい

ティプロってどんな便利屋さん?