26 February 2016

お庭のお手入れサービス

美しい庭木を保つために必要な剪定作業

7f7af9c6ce902ecd8606155515690cb0_s美しいお庭を維持するためにはこまめな手入れが必要です。
庭木がある場合、しっかりやっておかないといけないのが選定作業です。
植物の種類によって一概には言えませんが草木の剪定のタイミングとしては花が咲き終わった後に行うのが一般的です。
時期としては2月下旬から4月中旬、6月下旬から8月中旬、10月中旬から12月の年に3回行う事が多いです。
花木の種類によって異なりますのでご自身で行う際はご自宅の木をしっかり調べてから剪定を行うようにしてください。

剪定を行う際はまず目立つ枯れ枝や古枝を落としてから不要な枝を切っていきましょう。
不要な枝を切り落とした後は、美観を整えるようにバランスを考えながら、少しずつ剪定するとうまくいきます。
刈り込みをする上で最も大事な事はイメージを膨らましておくことです。
当然ですが一度切り落としたものは元に戻すことができません。
事前に完成図は頭の中でイメージをしておかないと、完成形が分からなくなり、形が崩れてしまいがちです。

そしてこの春の時期は生育する大事な時期です。
刈り込み後は肥料を与えておくとよいでしょう。
開花後の花がらと枯れ葉などをこまめにに摘む事で、お庭の美しさがぐんとアップします。
庭木の手入れはこまめに行う必要があり、大変な作業になりますが、手を加えた分庭木の変化を感じる事ができ、より愛着がわくお庭になると思います。

剪定は植物の種類により方法が異ります。
あまりよくわからないという方は一度専門の業者に見て種類や選定の方法を習ってみるのもいいと思います。



庭木の剪定をお考えの方はティプロにお任せください。

ティプロってどんな便利屋さん?