26 April 2017

お知らせ

誰でもできる洗濯機の洗濯槽をキレイにするコツ

洗濯したタオルから嫌なにおいがする・・・

そんな経験をした方いませんか?

普段、汚れたものを取り除く洗濯機も定期的に掃除をしないとカビや雑菌が繁殖し、臭いが発生します。

汚れを落としてくれる洗濯機が逆に汚れを付けてしまうと台無しです。

普段、あまりしない人も多いと思いますが今回は誰でもできる洗濯機の掃除のコツをご紹介します。

長期間掃除をしていない人は塩素系漂白剤がおすすめです。

まずは洗濯機の最大水位まで水を張ります。

できれば冷たい水を使うよりぬるま湯にした方が効果がでます。

水10リットルに対し約100グラムの割合で塩素系漂白剤を入れ、洗いで洗濯機を5分から10分回していきます。

すると黒い汚れが出てくるので汚れをすくい取り、そのまましばらく放置してください。

その後すすぎ⇒脱水⇒排水し、洗濯層に残った黒い汚れを拭き取ります。

最後に標準コースで一度洗濯機を稼働させ完了です。

同じ要領でクエン酸を使うと別の効果が期待できます。

クエン酸は弱酸性で炭酸カルシウム系の水垢を落とす作用と除菌効果が期待できるので、入念に掃除をしたい方はクエン酸も併用してやってみるといいでしょう。

また日頃、洗濯機を使い終わったら蓋を空けておき換気させる、洗濯物を洗濯後長時間入れておかない事でカビの発生を抑える事ができ、これだけで十分変わってきます。

是非、皆さん実践してみてください!

 

お困りごとは広島の便利屋ティプロにお任せください

ティプロってどんな便利屋さん?