13 June 2017

お知らせ

誰にでもできるソファをきれいに保つコツ

ソファって家具・家電の中でもこだわっている方も多く、価格も高いいいソファを購入している方も多いのではないでしょうか?

ソファのを掃除したいけどどうやったら楽にきれいに落とせるか、誰でもできる簡単お掃除のコツをお教えいたします。

ソファの汚れは主に皮脂や食べこぼしのカス、お子様がいればボールペンなどの落書きといったものがおおいのではないでしょうか。

これらの汚れは放置してしまうとシミや汚れが落ちにくくなり掃除が大変になります。

また素材や汚れの種類によって掃除の仕方も変わってきますので要注意です。

布張りソファの場合

飲み物や食べ物をこぼしたときは布に染み込ませるようにして汚れを取りましょう。

慌ててこすってしまうと繊維の中に汚れが入り、取れにくくなってしまいます。

皮脂汚れの場合は、台所用中性洗剤をぬるま湯で溶かし、汚れの中心をぬるま湯と洗剤を含ませたタオルなどで叩くようにして汚れを落とし仕上げにお湯で絞った布で優しく拭いてあげましょう。

合成革ソファの場合

基本的には布張りソファと同じ掃除方法ですが中には洗剤で色落ちしてしまう場合もあるので見えないソファの裏側部分などで色落ちしないか試してみるといいでしょう。

また消毒用のエタノールなどは染料が落ちにくいので合皮部分の掃除には適しています。

本革ソファの汚れの場合

一般的な高級革ともいわれる本革はお手入れはちょっと大変。

本革は専用のクリーナーが市販で販売しているのでそれを使用することをお勧めします。

合わない洗剤を使うとひび割れや変色、シミが発生してしまいます。

お手入れが難しい素材だけにプロの清掃業を利用するのも一つの手です。

基本的にはこまめに掃除をしていくことできれいな状態を維持することができます。

ソファ素材がデリケートということもあり、思い切った掃除ができにくいです。

長年使用するとどうしても汚れが目立つようになるので、その時は専門のクリーニング業者に定期的に依頼するほうがいいでしょう。

 

お困りごとは広島の便利屋ティプロにお任せください

ティプロってどんな便利屋さん?